【観光】京都の無料で楽しめる、おすすめ花見スポット7選 2017年

シェアする

17009539538 51633eb046 bphoto credit: I’m J.C DSC_1939 via photopin (license)
醍醐寺五重塔

2017年も桜の開花が迫ってまいりました。
今年の開花ですが、関西は2月3月の低温の影響で平年より遅めだそうです。
毎年、桜の見頃が楽しみです。
この記事では、京都市在住の当ブログ管理人masaが、実際に行ってみた京都市付近の桜のスポットの中から、無料で楽しめる、おすすめする花見スポットを紹介します。

スポンサーリンク

哲学の道

京都市左京区の銀閣寺付近から熊野若王子神社あたりまで続く、琵琶湖疎水沿いの約2キロの遊歩道です。疎水沿いに桜の木が続き、観光客で賑わいます。小さな疎水と桜の景色がなんとも風情があります。哲学の道から岡崎公園、蹴上のインクラインあたりまで歩いていける距離です。
哲学の道 桜2014 1

蹴上インクライン

蹴上インクラインは、明治から昭和初期にかけて使われた、琵琶湖疏水の大津と京都間の落差を船が運行する為に、船を鉄道で運ぶ仕組みです。現在は桜のスポットになっています。
哲学の道から南禅寺を通ってインクラインに来るのが僕のお気に入りのコースです。

蹴上インクラインへは、岡崎の京都市動物園の東側にある、琵琶湖疏水記念館横の階段から降りて、疎水横の道を登ります。
インクライン2014桜1

インクラインのレールが続きます。橋をくぐると、両脇に桜がずっと続きます。
インクライン2014桜2

まるで桜のトンネルです。
インクライン2014桜3

上からは、遠くの景色と桜が楽しめます。
インクライン2014桜5

水路閣

スクリーンショット 2017 03 14 21 56 07

インクラインの頂上から右の方(北)に進むと、疎水沿いに小道があります。
ずっと進むと、南禅寺の水路閣にたどり着きます。
水路閣とは、南禅寺の境内に疎水を通す水道橋です。古いレンガ造りのアーチ型の橋です。ドラマなどテレビの撮影でも有名です。
疎水は南禅寺を通り、哲学の道へとつながります。

水路閣2014 1

ちょうど水路閣の真上です。
水路閣2014 2

レトロなレンガ造りの橋は、なんとも言えない風情があります。明治時代当時の京都の最新技術の高さと、景観を意識したデザイン力は素晴らしいです。
水路閣2014 4

水路閣の下に入れば、神秘的な橋脚の写真が撮れます。
水路閣2014 3

水路閣のある南禅寺も桜のスポットです。
8682246164 2f1e94b152 b
photo credit: bluegreen405 南禅寺の桜 1 via photopin (license)

岡崎公園 十石舟めぐり

京都市左京区の岡崎公園の疎水では、十石船に乗って、疎水沿いの桜を楽しむ事ができます。 南禅寺舟溜り乗船場から夷川ダムの間約3Kmを、約25分かけて往復します。
この、十石船めぐりのチケットは、当日現地でも買えますが、桜の開花時期はすぐに売り切れるので、WEBで事前に予約購入がおすすめです。
京都府旅行業共同組合
23721163155 43dc5723c2 b
photo credit: I’m J.C DSC_3296 via photopin (license)

僕は2016年4月日に十石船に乗りました。桜は開花していましたが、まだ見頃ではなかったので、船は凄く空いていました。
船の待合所でライフジャケットを着けてジャンバーを着ます。
岡崎公園十石舟2016 1

すぐ横は南禅寺舟溜りです。噴水と京都市動物園が見えます。
岡崎公園十石舟2016 2

朱色の「平安神宮大鳥居」が見えてきました。朱色の欄干の橋「慶流橋」をくぐります。
岡崎公園十石舟2016 3

桜は咲き始めというところです。
岡崎公園十石舟2016 4

今度は帰りに見た、東山をバックにした慶流橋です。東山の緑に朱色の欄干が映えます。僕のお気に入りの撮影スポットです。
岡崎公園十石舟2016 5

鴨川河川敷

京都の有名な川「鴨川」の両岸も桜スポットです。北山通りから五条あたりまでソメイヨシノや枝垂れ桜が植えられています。
26538920555 890a4f5f00 bphoto credit: I’m J.C DSC_1836 via photopin (license)

鴨川河川敷沿いの桜はこんなに下まで枝を伸ばしています。写真は丸太町あたりです。鴨川桜2014 4 3 1

桜に包まれました。鴨川桜2014 4 3 2

夜桜も綺麗です。写真は五条あたりです。鴨川桜2014 4 3 3

山科疏水

山科疏水の約4kmにわたる遊歩道は東山自然緑地として整備されております。疎水の両岸にはソメイヨシノや山桜が植えられていて、春のシーズンには桜のトンネルを気持ちよく散歩できます。
安朱橋の東側に菜の花も咲き、桜の薄いピンクと菜の花の鮮やかな黄色の景色を同時に楽しめます。
17113867120 88f2b06674 b


photo credit: tsaiid 櫻花與油菜花 via photopin (license)

僕が山科疏水に行ったのは、2015年の3月30日です。
地下鉄御陵駅から、山科疏水の西端の「日本最初のコンクリート橋」まで行き、そこから疎水を上流に向かって歩き、毘沙門堂まで行きました。
赤い線が遊歩道です。
スクリーンショット 2017 03 15 18 41 46

3月30日だったので、桜はまだ咲き始めが多かったです。
疎水と桜の景色は風情があります。
山科疏水2015桜 1

山科疏水の遊歩道は、観光客がほとんどいなく穴場です。
山科疏水2015桜 2

満開になっている桜の木がたまにありました。
山科疏水2015桜 3

毘沙門堂のふもと、安朱橋の東側付近では、菜の花と桜のコラボレーションを見ることができます。
山科疏水2015桜 4

醍醐寺

世界文化遺産の醍醐寺は秀吉が「醍醐の花見」を行ったことで有名です。ほとんどが無料で桜を楽しめますが、三宝院など有料の場所もあります。朱色の仁王門と桜の風景は風情があります。
醍醐寺桜2016 1

参道の両脇には桜が植えられており、桜のトンネルができています。
醍醐寺桜2016 2

八重桜も大きな花を咲かせております。
醍醐寺桜2016 3

総門から仁王門方面に進むと、右側に霊宝館の大しだれ桜が見えます。樹齢180年の、満開の大しだれ桜は圧巻です。
醍醐寺桜2016 5

こちらが醍醐寺の見どころの、三宝院大紅しだれ桜です。この桜は咲く時期が他より早く、ソメイヨシノなどの桜が満開の時には散ってしまうので、見るなら注意が必要です。三宝院は有料です。僕が2016年の4月4日に行った時には完全に散っていました。
17195620452 4814e4cc1a bphoto credit: I’m J.C DSC_1836 via photopin (license)

背割堤(八幡市)

京都府八幡市にある宇治川と木津川の合流地点の堤防です。この付近では、さらに桂川も合流するので、三川合流とも呼ばれています。背割堤は約1.4Kmあり、そこをずっと桜が植えられおり、桜の絶景スポットでもあります。
19605945284 f2e9bdc1af b
photo credit: jutoart Sakura trees along the river bank via photopin (license)

僕が背割堤に行ったのは2015年3月26日です。桜は全く咲いていませんでした。約1.4Kmの堤防には、永遠と桜の木が続いています。手前に見える濃いピンクの木は桃の木です。
背割り堤桜 2015 1

桃の木は満開で見頃です。
背割り堤桜 2015 2

開花した桜は少しだけありました。
背割り堤桜 2015 4

桜並木を超えて、背割堤の先端に探検しに行く事にしました。
背割り堤桜 2015 5

桜並木より先は低くなっており菜の花の草原が続きます。
背割り堤桜 2015 6

背割堤の先端部分に着きました。凄く静かです。水面が近く、のどかな風景です。自然を満喫できました。
背割り堤桜 2015 7

まとめ

歴史のある京都には、桜の見どころがたくさんあります。この記事では、当ブログ管理人masaが気になった桜の見どころをピックアップして更新していきます。

スポンサーリンク