Sanzenin koyo 7

京都の北東にある、大原・三千院の紅葉を見に行ってきました。
訪れたのは、2020年11月15日です。

三千院の庭園「有清園」は、緑の苔で覆われており、散りもみじや、杉や檜の大木の間から眺める紅葉は絶景です。

スポンサーリンク

三千院付近から入り口まで

僕は三千院まで車で行きました。
三千院には駐車場はありませんので、付近の有料駐車場に止める必要があります。三千院の付近には有料駐車場がいくつかあり、料金は1日500円が多いです。
写真の駐車場は三千院に一番近い駐車場で、なぜか一番安い400円です。混雑を避け、朝8時半に行きましたがすでに満車でした。なので少し戻って別の駐車場に止めました。
写真の矢印の部分を曲がると三千院門跡です。
Sanzenin koyo 1 2

三千院門跡です。石段と紅葉が絵になります。
Sanzenin koyo 2

三千院門跡の石段を上がると、お茶屋さんなどのお店が並びます。
Sanzenin koyo 3

三千院の入口、御殿門(ごてんもん)です。お城のような石垣です。ここから三千院に入ります。
Sanzenin koyo 22

御殿門をくぐり、石段を上がると参拝受付です。※拝観料は大人700円です。
受付のすぐ右側の入り口から靴を脱いで客殿に上がります。
※料金は取材当時の料金です。現在の料金は公式ページでご確認ください。
三千院公式ページ
Sanzenin koyo 4

観賞式庭園、聚碧園

客殿からは、2つの庭園を眺めることができます。1つ目は聚碧園(しゅうへきえん)と呼ばれる庭園です。美しい日本庭園です。
Sanzenin koyo 5

池に映る紅葉も綺麗です。
Sanzenin koyo 6

廻遊式庭園、有清園

客殿を進み、最後に2つ目の庭園、有清園(ゆうせいえん)にたどり着き、ここで庭園に降ります。
Sanzenin koyo 7

有清園は鮮やかな緑の苔に覆われており、その苔の上に積もる赤いもみじのコントラストが美しいです。
Sanzenin koyo 8

みごとな散りもみじです。
Sanzenin koyo 9

赤いもみじの隙間から見える緑の苔も綺麗です。
Sanzenin koyo 10

往生極楽院と紅葉です。
往生極楽院の建物は重要文化財、阿弥陀三尊像は国宝です。
Sanzenin koyo 12

Sanzenin koyo 20

往生極楽院の正面には朱塗の小さな門、朱雀門があります。
朱雀門付近の紅葉は、巨木の木漏れ日に照らされて輝いていました。
Sanzenin koyo 25

Sanzenin koyo 14

大木の間で黄金に輝いています。
Sanzenin koyo 13

立派な杉ですね。
Sanzenin koyo 26

この庭園には、わらべ地蔵と呼ばれるお地蔵様が何体かいらっしゃいます。苔むした庭園に立たずんでいます。
Sanzenin koyo 15

聚碧園を抜け階段を登ると弁財天が祀られています。
この付近の紅葉も美しく、撮影スポットです。
Sanzenin koyo 19

三千院の場所

さいごに

三千院は京都の北東のとても閑静な場所にあり、庭園の苔と大木が神秘的でした。
次回は夏の青もみじも見に行きたいです。
シーズン中は人気スポットの為、混雑するので、早朝の拝観をお勧めします。

三千院公式ページ

スポンサーリンク
シェアしていただけると励みになります

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事