Omega speed master 00

OMEGAの機械式腕時計「OMEGA スピードマスター オートマチック 3510.50」を購入しました。
スピードマスター オートマチック 3510.50は、プロフェッショナルとほぼ同じ顔ですが、自動巻きなのと、ケースのサイズが39mmという、大きすぎず小さすぎず程よい感じで使い勝手が良くなっています。そして高級時計の中ではお手頃価格になっています。

この記事では、OMEGA スピードマスター オートマチック 3510.50のレビューをご紹介します。

スポンサーリンク

OMEGA スピードマスター オートマチック 3510.50とは

OMEGAのスピードマスターといえば、月に行ったアームストロング船長が着用してた腕時計として、「OMEGA スピードマスター プロフェッショナル」が別名ムーンウォッチの名で有名ですが、このオメガ スピードマスター 3510.50は、そのリデュース版(廉価版)で、普及戦略を継承したモデルです。

プロフェッショナルとの大きな違いは、ムーブメントがオメガ自社製の手巻きではなく、ETA社の自動巻きをベースにカスタムしていることです。ケース径は39mmで、プロフェッショナルの42mmmよりも3mm小さくなります。デザインはプロフェッショナルとすごく似ています。
製造は、1988年〜2006年なので、現在は中古でしか手に入りません。

OMEGA スピードマスター オートマチック 3510.50スペック

型番 Ref.3510.50
ムーブメント ETA2892 自動巻き
ケース・ブレス素材 ステンレススチール
風防 強化プラスチック
ケース径 39mm
ベゼルタイプ タキメーター
パワーリザーブ 40時間
防水性能 30m
新品時重量 100g
製造年 1988年〜2006年

OMEGA スピードマスター オートマチック 3510.50レビュー

2019年9月、楽天市場にて「OMEGA スピードマスター オートマチック 3510.50」を購入しました。中古で箱や付属品が揃っていて約17万円で購入しました。
それでは見ていきましょう。

とても腕時計と思えないような、大きな箱です。初代Apple Watchの箱に似ています。
Omega speed master 6

箱の蓋を開けると、赤い合皮のケースが出てきました。経年劣化でボロボロに剥がれています。
Omega speed master 5
Omega speed master 10

ケースを取り出すと、赤い素材が取れて張り付いています。手にも付いてきます。約20年経っているので仕方がないですね。合皮は時間が経つとこうなります。
Omega speed master 12

ケースの蓋を開けると、スピードマスターが出てきました。
Omega speed master 3

すごく綺麗です。20年前に購入された物とは思えません。しっかりとオーバーホールと研磨がされてるからでしょうか。
Omega speed master 4

内容は、スピードマスター本体、外箱、ケース、取説、ギャランティカード、ギャランティカードケース
Omega speed master 9a

まずは正面。
黒の文字盤に白い針と数字が綺麗で、クロノグラフ、タキメーターベゼルがかっこいいです。
Omega speed master 13


Omega speed master 26


Omega speed master 25

右側面の中央にはΩマークの竜頭があります。自動巻ですが手巻きも可能です。
竜頭の上には、ストップウォッチのスタート・ストップボタン、竜頭の下にはストップウォッチのリセットボタンがあります。
Omega speed master 15

プラスチック風防はドーム型です。ガラスにはできない味があります。
Omega speed master 17

裏蓋には、スピードマスターのルーツ、シーマスターに刻印されていた、神話の「シーホース」の刻印があります。
Omega speed master 20

バンドは3連ブレスでしなやかです。
Omega speed master 24

バックルはシンプルな三つ折れ式です。外す時は結構固めです。
Omega speed master 23

廉価版だからでしょうか、バックル部分だけチープさがあります。
Omega speed master 27

スピードマスターのバンドのサイズ調整

バンドのサイズ調整を自分で行います。
Omega speed master 29

スピードマスター オートマチックのバンドは、「Cリング方式」でした。3連の中央のコマの中にCリングが入っています。組み立てる時はCリングを先に中央のコマに入れてからピンを差します。
Omega speed master 31

バックルには微調整用の穴があります。バネ棒式なので、バネ棒外しで押せば外れます。
Omega speed master 36a

スピードマスターを腕に装着

スピードマスター オートマチックの39mmのケースは、僕の腕にはサイズ的に大きすぎず、小さすぎず、ちょうど良いサイズ感です。
Omega speed master 34

スピードマスタープロフェッショナルと同じケースサイズの、オリエントMAKO IIの42mmケース(右)と比べたらこんな感じです。
Omega speed master 35

さいごに

スピードマスター オートマチックは、とにかくかっこいいですね。ずっと腕に付けて、ずっと眺めていたくなります。そして、製造から約20年経ちますが、1日で10秒も狂わない精度にも驚きです。

スポンサーリンク
シェアしていただけると励みになります

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事